• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例50代男性

インプラント症例50代男性

インプラント症例50代男性

上記写真をご覧ください。

みらい歯科クリニックに来院された兵庫県三木市にお住いの50代男性のお口の中を正面からみた写真です。
なお写真掲載におきましては、患者様に同意いただいております。
​みらい歯科クリニックに来院された際、上のブリッジ(固定式の連結した被せもの)が揺れていて、何もしなくても痛いとおっしゃられておりました。また、下の歯も上の歯と同様にかなり歯周病が進行して揺れが著しく、抜歯せざるを得ない状況でした。

インプラント症例50代男性

上記写真は同じ患者様の下の歯を撮影したものです。歯に歯石が多量に付いていて、歯周病がかなり進行した状態でした。また歯を支えている骨が歯周病により溶けてしまい歯根(歯の根っこ)が見えている状態なのがお分かりになると思います。

  • インプラント症例50代男性

上記は同じ患者様のレントゲン写真です。歯周病がかなり進行した状態を表しています。ここまで歯周病が進行してしまうと抜歯しかないのですが、歯医者として無力感を感じてしまう瞬間でもあります。
​患者様と相談の上、上下とも総入れ歯を作製することになりました。
​理想論でいうと、抜歯した後の傷が治ってから入れ歯を作製した方が完成度の高い入れ歯が出来るのですが、それでは患者様の食事面での機能性や審美性が損なわれてしまいます。そこで・・・入れ歯の完成と同時に上下の歯を抜歯する治療計画とさせていただきました。このような義歯を即時義歯といいますが、いわゆる“歯抜け”の状態を回避出来るので、審美性確保に有利となります。

  • インプラント症例50代男性
  • インプラント症例50代男性

上下の総義歯をお使いになられていたのですが、入れ歯が動いて使い勝手が悪いと訴えられましたので、インプラントを固定源にした総義歯をご提案させていただきました。

左上の写真がインプラントを埋入後、上顎にロケーターアバットメント(ゴールド色)という義歯を支える器具(黒色矢印)を装着した状態です。

右上の写真は上顎義歯の裏側になります。

青色のリテンションディスクというボタン(黒色矢印の部分)が確認できると思うのですが、これがロケーターアバットメントとかみ合うことにより入れ歯が固定されるというわけです。入れ歯は患者様ご自身で脱着可能ですので、入れ歯とご自身の口腔内を清潔に保つのがとても簡単です。

インプラント症例50代男性

左が下顎の口腔内写真です。

インプラント症例50代男性

右が下顎義歯の内面です。

インプラント症例50代男性

左が上顎義歯をお口に装着した写真です。

インプラント症例50代男性

右が下顎義歯をお口に装着した写真です。

​このような特殊な入れ歯(義歯)をインプラントオーバーデンチャーといって歯槽骨に埋入されたインプラントが義歯が支えますので、入れ歯の維持、安定につながります。

患者様は、前の入れ歯と比べて食べれるものが格段に増えたと満足していただいております。
また噛む力がインプラントを介して歯槽骨にダイレクトに伝わるので、歯槽骨の吸収(歯茎がやせる)を抑制しますし、義歯の脱着が可能なので、お口の中を清潔に保つのが容易です。

​補足ですが、上顎には4本、下顎には2本のインプラントが必ず必要になります。また義歯内面に装着される青色のボタン(リテンションディスク)は材質劣化により、プラーク(歯垢)が付きやすくなりインプラント周囲炎を引き起こしかねないので、必ず6か月に1回の交換が必要です。しかし多数のインプラントを上下顎に埋入することによる固定式のブリッジと比較して、インプラントオーバーデンチャーの場合、インプラントの埋入本数がかなり少なくなりますので、大変経済的と言えるのではないでしょうか?

なお治療期間は11か月、治療回数は12回、治療費はインプラント6本、外科用ステント、上下顎金属床義歯を含めて2311200円(税込)でした。


みらい歯科・矯正歯科クリニックには三木市だけでなく、神戸市西区・神戸市北区・明石市・小野市・加東市・加西市など遠方からも来院されておりますので、お気軽にご相談いただけると幸いです。