• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

虫歯治療

「虫歯かな?」と気づいたら、
すぐにご相談ください

「虫歯かな?」と気づいたら、すぐにご相談ください

虫歯は多くの方が経験したことがある身近なお口の病気です。放っておくとどんどん進行してしまいますので「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などのお口の違和感に気づいたら、できるだけ早く治療を受けてください。

神戸市西区からも多数の患者様にご来院いただいている兵庫県三木市の歯医者「医療法人社団MDC みらい歯科クリニック」では、できるだけ痛みを抑える虫歯治療をご提供していますので、痛みが苦手な方でもまずはお気軽にご相談ください。こちらでは虫歯治療とともに神経にまでおよんでしまった重度の虫歯の根管治療についてご説明します。

虫歯治療について

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

ある程度進行してしまった虫歯は自然治癒することはありません。どんどん進行し健康な歯質が少しずつ溶かされていきます。ごく初期段階の虫歯であれば歯を削らずに済むこともあれば、または少しだけ削ってレジン(歯科用プラスチック)を詰めることで治療が可能ですので治療の時間も費用も抑えられます。しかし悪化させればさせるほど、治療が複雑になり病気だけでなく治療によって失われる歯質が増えてしまうのです。一度削ってしまった歯は、元には戻りません。歯の寿命を延ばすためにも治療時間や費用を抑えるためにもできるだけ早く治療することが大切なのです。

痛みを抑えた治療を行っています

痛みを抑えた治療を行っています

治療は早く受けなければいけないと思っていても、治療に痛いイメージがあるために苦手意識がはたらいて、歯科医院への通院を先延ばしにしてしまう方がいらっしゃいます。そんな方でも安心してご来院いただけるように当院ではできるだけ痛みを抑えた治療をご提供しています。そのひとつが局所麻酔です。治療の際の痛みを感じることがないように麻酔注射をしますが、その注射自体の痛みも軽減しています。また治療の際に歯を削る量をできるだけ少なくできるように特殊なセメントも活用しています。

だから痛くない!1|
ドックスベストセメント:虫歯の原因菌を薬で不活性化

虫歯の原因菌を薬で不活性化

虫歯治療では虫歯に汚染された歯質をすっかり取り除く必要があります。これまでは削り取るだけでしたが、ドックスベストセメントを活用すると、虫歯に汚染された歯質を少し残した状態でも、虫歯の原因菌を不活性化できるので、失う歯質の量を軽減できるのです。

薬で虫歯の原因菌を不活性化する
ドックスベストセメント

ドックスベストセメントについて詳しくはこちら

だから痛くない!2|
表面麻酔・局所麻酔:麻酔で治療の痛みを軽減

麻酔で治療の痛みを軽減

歯を削る治療中に痛みを感じることがないように施すのが局所麻酔です。そのためには麻酔注射をしますが、この「チクッ」とする注射の痛みが苦手な方がいらっしゃいます。この注射の痛みを抑えるために、まず表面麻酔をしています。

治療中に痛みを感じることがないように
表面麻酔・局所麻酔を行います

表面麻酔・局所麻酔について詳しくはこちら

だから痛くない!3|
電動麻酔器・細針の使用:麻酔注射の痛みを軽減

注射の際に、注入する麻酔液の量や圧力を一定にすると、「圧痛」がかからないので痛みを抑えることができます。またできるだけ細い針を使うと注射の痛みを抑えられるのです。そのため当院では局所麻酔を行う際には電動麻酔器を使用して痛みを軽減しています。

注射自体の痛みを抑えるために
電動麻酔器や細針を使用しています

電動麻酔器や細針について詳しくはこちら

虫歯の進行段階について

虫歯は進行段階によって5段階に分けられ、CO→C1→C2→C3→C4と進んでいきます。

CO

歯の表面が白く濁って見える状態

歯の表面が白く濁って見える状態

C1

エナメル質だけが溶かされた状態

エナメル質だけが溶かされた状態

C2

象牙質にまで汚染が進んだ状態

象牙質にまで汚染が進んだ状態

C3

歯の中の神経におよんだ状態

歯の中の神経におよんだ状態

C4

歯質がほとんど残っていない状態

歯質がほとんど残っていない状態

根管治療について~重度の虫歯でも歯を残せるかもしれません~

C3の歯の神経にまでおよんでしまった虫歯の場合、一般的には「神経を抜く」処置を行う必要があります。この時点で治療を行わないと抜歯につながってしまいます。歯の中の神経が入っている細い管「根管(こんかん)」から、汚染された神経や血管、歯質を取り除き、洗浄・消毒して薬剤を詰めて密閉するのが根管治療です。その上に土台を立てて被せ物を装着して歯の機能を補います。

根管治療を行った歯は健康な歯にくらべもろくなりますが、しっかりケアをしていればずっと残すことができます。毎日のブラッシングを基本に、歯科医院での定期検診でのメンテナンスを受けてお口のトラブルを予防しましょう。

虫歯や歯周病は予防可能な病気です

予防歯科について詳しくはこちら

気になる歯並びを整えます

大人の歯科矯正治療についてはこちら