• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例 30代男性 術後

インプラント症例 30代男性 術後

インプラント症例 30代男性 術後

上記は術後の上顎を下から見上げた口腔内写真です。

黄色矢印の部位に注目してください。初診時には残根(根っこだけの状態)に近かった歯なのですが、保存(歯を残す)することが出来ました。

赤色矢印の部位は、虫歯が重症だったため、抜歯後にインプラントを埋入した歯です。

青色矢印は後述させていただくのですが、初診時には反対咬合❝いわゆる受け口❞だったのですが、正常咬合にすることが出来た部位です。

インプラント症例 30代男性 術後

上記は術後の下顎を上から見た口腔内写真です。

初診時には残根状態(C4)に近かった歯をしっかり保存することが出来ました<黄色矢印の部位>。なお赤色矢印の部位は、残念ながら抜歯せざるを得なかった所にインプラントを埋入した歯です。

  • インプラント症例 30代男性 術後

上記は術後の口腔内を正面からみた写真です。

今までの写真同様に黄色矢印が初診時に残根に近かった歯で、赤色矢印がインプラントの部位、そして青色矢印が反対咬合❝受け口❞を正常咬合に戻した部位です。

初診時には噛み合わせ<咬合>が反対咬合だったのですが、正常咬合になっているのがお分かりいただけると思います(^O^)

 

  • インプラント症例 30代男性 術後
  • インプラント症例 30代男性 術後

左上が術後のお口の状態を右側から見た口腔内写真です。

右上が術後のお口を左から見た口腔内写真です。

青色矢印の部位を見ていただければ、正常咬合になっているのが確認できると思います(^O^)/

インプラント症例 30代男性 術後

左が術後のレントゲン写真です。

矢印の色は今までの写真と同じです。

黄色矢印が初診時に残根に近かった歯<C3>、赤色矢印がインプラントを埋入した部位、そして青色矢印が反対咬合から正常咬合に戻した部位です。

初診時の状態から、最小限の抜歯にとどめることが出来ているのがお分かりいただけると確信しております(^^ゞ

インプラント症例 30代男性 術後

右が初診時のお口の状態を正面から見た口腔内写真です。

咬合崩壊しているため<噛める所がない状態>、初診時に全ての治療計画を立案することは不可能ですので、治療を進めながら立案していくことになります。

インプラント症例 30代男性 術後

左が術後の口腔内写真です。

ここまで術前&術後で劇的にお口の中が変化した写真を見せられると、

『ホンマに同じ患者さんなん?』

『違う患者さんの写真を載せてるやろ!!』

と懐疑的になられてしまう方がいらっしゃるかもしれませんね・・・(T_T)

ただここまでの結果を出せたのは、この患者様の治療にかける気合と根性、そして忍耐力があったからこそなんです!!

そもそも患者様のご協力とご理解なしに歯科治療は絶対に成功しませんから。

そういう意味では糖尿病が持病の患者様の食事療法に似ている部分があるかもしれません。

このブログを読んでいただいている方に、『そんなの自分には無理!』と❝白旗モード❞になっていただきたくないので、あまり言いたくないのですが・・・治療期間は4年かかっています。いや、正確には4年3ヵ月です。

抜髄(神経を抜く治療)、抜歯、歯肉弁根尖側移動術(歯周外科)、仮歯(テンポラリークラウン、TEK)による咬合確認そしてインプラント【歯槽骨増大術であるGBR、上顎洞底挙上術のサイナスリフトを含む】といった歯科治療の分野すべての技術を駆使しなければなりませんでした。また働き盛りの30代男性の患者様であるため、通院可能な時間帯が平日夕方以降、もしくは土曜日といった非常に予約が取りにくい時間に限定されるという悪条件も重なり、前述の治療期間になりました。言うまでもありませんが歯科治療は常に❝痛みと隣り合わせ❞です。治療期間中には痛みや腫れで大変だった時期もあったと思いますが、

本当にこの患者様の忍耐力には頭が下がります。

今後はこの治療終了後の良い状態を長期間保つにはご自宅でのセルフケア(ブラッシングetc)が重要になってくるのですが、それだけでは不十分です。

最低でも3ヵ月に一度、みらい歯科クリニックに来院していただき、歯科衛生士による歯石やプラークの除去(プロフェッショナルケア)、また歯科医師による噛み合わせのチェックはかかせません。

セルフケアとプロフェッショナルケアのどちらも欠くことは出来ません。

予防歯科の専門家にとって、両者(セルフケアとプロフェッショナルケア)は❝車の両輪❞に例えるほど重要な位置付けなんです。

予防歯科の概念をご理解いただければ、歯の寿命が確実に伸びるという事実に疑いの余地はありません!!

御存知のように歯科治療は重症になればなるほど治療期間が長くなります。治療期間が長引けば、ご自身の貴重な時間を通院に当てなければなりません。

たった3ヵ月に一度、1年に4回ほど歯科に通院し(しかも45分から60分の短時間です)、ご自宅で口腔ケアを頑張っていただければ、ご自身の貴重な時間とお口の健康を守れる可能性が格段に高くなるのです。

くどいですが・・・予防歯科の概念をご理解いただくことにより、貴重なご自身の歯の健康と時間を守るための一助になれば幸いに存じます。

治療前の写真および解説をご覧になりたい方は以下をクリックしてください。

http://www.miraidc.com/blog/post-108/