• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

  • トップ
  • ブログ
  • 症例
  • 金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

上記写真は兵庫県三木市にお住いの患者様のお口を撮影したものです。

写真掲載に関しては患者様の御了解をいただいております。

上下顎に保険の入れ歯を入れた状態を正面から見たものですが、上顎はご自身の歯が前歯しかありませんので、その前歯に入れ歯(義歯)を支える金属製のバネをかける必要がありました(青色矢印の部分)

一番目立つ所に金属製のバネがかかっていますので、審美性がかなり損なわれているのが分かります(T_T)

この患者様は中等度以上の歯周病に罹患されており、抜歯を伴う全顎的な治療が必要で、入れ歯(義歯)を回避することが出来なかったのです。

今回入れ歯を初めて装着されるにあたり、『入れ歯になるのは仕方ないが、仕事の関係上どうしても金属製のバネが見えるのはイヤだ』とおっしゃられていました。

しかし金属製のバネを使用しない入れ歯は、ノンクラスプデンチャーという保険外治療(自費治療)となり高額になることと、今まで入れ歯(義歯)を体験されたことがないことを勘案して、上下顎とも保険の義歯(入れ歯)を作製していくことになりました。

義歯(入れ歯)は欠損歯(失われた歯の数)が多いほど大きくなりますから、当然それに比例して違和感が大きくなります。

また嘔吐反射(えずく)が強い場合、入れ歯を装着することすらできない方もいらっしゃいます。いきなり保険外の入れ歯を作ってはみたものの、使えなければ悲劇ですから・・・

患者様には保険の入れ歯に慣れたら、その後に考えましょうとご提案したところ、快諾していただきました。

 

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

上記写真は、上顎に金属製のバネを使用しない入れ歯(義歯)を装着した状態を正面から見たものです。

歯茎と同じような色の樹脂製のバネがかかっているので、冒頭の写真と比較していただくと、かなり審美性が向上しております(青色矢印の部分)。

 

  • 金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性
  • 金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

左上が保険の入れ歯(義歯)を入れた状態を右側から見た写真で、右上が金属のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)を入れた状態を同じく右側から見た写真です。

青色矢印の部分に注目していただくと、樹脂製のバネが歯茎と同じような色のために審美性が格段に向上しているのがわかっていただけると思います。

  • 金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性
  • 金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性


左上が保険の入れ歯(義歯)を入れた状態を左側から見た写真で、右上が金属のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)を入れた状態を同じく左側から見た写真です。青色矢印の部分をご覧ください(^O^)

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性

左は上顎に保険の入れ歯(義歯)を装着した状態を下から見た写真です。青色矢印の部位に金属製のバネがかかっています。

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)症例 50代女性


右は上顎に金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)を装着した状態を下から見た写真です。

上顎の口蓋側(白色矢印の部分)を保険の入れ歯のような樹脂ではなく、金属床(チタン製)ですので、かなり薄くすることが出来ました。

最初に保険の入れ歯を入れておられましたので、金属床にしたことで『薄くなったから、しゃべりやすくて違和感も少なくなった』と大変喜んでおられます(^O^)

見た目が良くなり、違和感も少なくなったことで、大変満足していただき、こちらも嬉しくなりました

金属床のメリットは他にも・・・

①入れ歯の強度が格段に上がるので、割れにくい

②金属は熱を通しますので食べ物の温度を感じやすくなることにより、食事が美味しくなります。

患者様は金属アレルギーがあるとのことで、三木山陽病院の皮膚科にお願いをして、パッチテストを受けていただきました。その結果、金属床義歯に使用することが多いコバルトクロム合金という金属を使用することが出来ず、やむなくチタン合金での金属床作製となりました。

チタン床は丈夫で組成的に安定しているので、装着しても金属の味がせず、非常に軽いので装着感に優れているのですがとても高額になるのが欠点です。余談ですがインプラント治療が高額になるのは、インプラント(人工歯根)がチタン製であることも理由の一つです。

 

金属床ではなく、保険の入れ歯と同様の樹脂床によるノンクラスプデンチャー(金属製のバネを使用しない義歯)を作製すれば、治療費を抑えることが可能です。

樹脂床は強度上の問題から、金属床よりも分厚くなるので違和感が強くなりますが、保険の義歯でも違和感が許容範囲の方ならば、問題ないと思われます。

つまり・・・

金属製のバネを使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)=金属床では決してありません。

ただ樹脂床のノンクラスプデンチャーは、“たわみ”が大きくなりがちですので、この患者様のように、欠損歯(多数歯欠損)が多くて義歯のサイズが大きいケースでは、保険の入れ歯の方が良く噛めるといった事態になる可能性があることを補足させていただきます。

この患者様の場合は治療費は44万円、治療期間2カ月、来院回数8回でした。


みらい歯科・矯正歯科クリニックには三木市だけでなく、神戸市西区・神戸市北区・明石市・小野市・加東市・加西市など遠方からも来院されておりますので、お気軽にご相談いただけると幸いです。