• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

  • トップ
  • ブログ
  • 症例
  • マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

上記写真をご覧ください。

みらい歯科・矯正歯科クリニックに勤務する歯科衛生士の口腔内写真です。

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)による治療前のもので、以前より上顎左右中切歯(赤色矢印)の前突感<出っ歯>と、上顎左右側切歯(青色矢印)の逆被蓋<下顎前歯より内側に引っ込んでいる>が気になっていたとの事でした。

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

上記は前歯の噛み合わせを下から見上げた口腔内写真です。

上顎左右中切歯(赤色矢印)が出っ歯傾向にあり、上顎左右側切歯(青色矢印)が下顎前歯よりも内側に入っているのが確認できると思います。

  • マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前
  • マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

左上が上顎を下から見上げた口腔内写真で、右上が下顎を上から見た口腔内写真です。

右上の黒色矢印部分に注目していただければ、下顎前歯がやや前方に傾斜しているのが観察されます。

診断の結果、上下顎ともに矯正治療が必要でした。

『上顎だけが気になっているのに、なんで下顎の矯正も必要なの?』と疑問に思われた方がいらっしゃるかもしれませんね。

それは上顎前歯の内側で下顎前歯と接している場合には下顎前歯も後方に移動させないと、そもそも上顎前歯を引っ込めることが出来ないからなんですね。

  • マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前
  • マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

左上がスマイルトゥルー(アライナー矯正装置)を口腔内に装着した状態です。

マルチブラケットというボタンを歯の表面に付けた後に、ワイヤーを装着する通常の矯正装置と比較すると、格段に目立たないことがお分かりいただけると思います。

右上がスマイルトゥルー(アライナー矯正装置)です。

透明に近いので、会話するぐらいの距離なら他人に気づかれることは少ないと思われます!(^^)!

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

左がスマイルトゥルー(アライナー矯正)による矯正治療を開始して3か月後の口腔内写真です。

上顎左右中切歯(赤色矢印)の前突感<出っ歯>が解消されつつあります。

また上顎左右側切歯(青色矢印)が内側に引っ込んでいた状態<逆被蓋>から外側に移動しつつあることが確認できます!(^^)!

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

右はスマイルトゥルー(アライナー矯正)による矯正治療を開始して3か月後、上下の噛み合わせを下から見上げた口腔内写真です。

下顎前歯<黒色矢印>が内側に移動し、それに合わせて上顎左右中切歯<赤色矢印>が内側に引っ込んだことにより、前突感が解消されつつあるのが一目瞭然です。

ただ上顎左右側切歯(青色矢印)の外側への移動がもう少しといったところでしょうか。

気になる矯正中の痛みに関してなんですが、みらい歯科・矯正歯科クリニックに勤務している歯科衛生士本人曰く、

『最初の装置を入れた時は、少しジーンとした痛みはあったけど、痛み止めを飲むほどではなく、それ以降は痛みはなかった』とのことです(^^ゞ

スマイルトゥルー(アライナー矯正)は目立ちにくく、治療期間が長くても1年であり、通常の矯正治療よりも安価ですので軽度、もしくは中程度の歯並びの改善には適しております。

また装置を外せば歯磨きも容易ですので、通常の矯正治療と比較すると虫歯・歯周病・口臭の予防には有利といえます。

ただ部分矯正<プチ矯正>同様に万能な矯正方法ではないということをお伝えしておかねばなりません。

逆に言うと1年以内に治療が終了するような症例でなければ適応不可ということなんです。

またスマイルトゥルー(アライナー矯正)は取り外し式の矯正装置であり、歯を磨く時と飲食時以外は、就寝時も含めて常に装着していただかないと効果はありません。

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

左の口腔内写真は、スマイルトゥルー(アライナー矯正)による治療を開始して3か月後の上顎を下から見上げたものです。赤色と青色の両矢印の歯が適切な位置に配列されつつあります♪

マウスピース矯正(スマイルトゥルー)症例 20代女性<当院勤務の歯科衛生士>術前

右の口腔内写真が下顎を上からみたものです。

下顎前歯も順調に後方移動しています。

下顎前歯が後方に下がった分だけ上顎前歯を後方移動させて前突感<いわゆる出っ歯>を解消するイメージです。

次回は5か月後、スマイルトゥルー(アライナー矯正)による矯正治療終了後の口腔内写真を紹介させていただきます(^^ゞ

続きをご覧になりたい方は以下をクリック

https://www.miraidc.com/blog/post-136/?pre=20190427184231

みらい歯科・矯正歯科クリニックには三木市だけでなく、神戸市西区・神戸市北区・明石市・小野市・加東市・加西市など遠方からも来院されておりますので、お気軽にご相談いただけると幸いです。