• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

ドライマウス

ドライマウス

ドライマウス

 

ドライマウスとは

健康な成人の一日の唾液量は平均1.5ℓ程分泌されますが、

ドライマウスになるとさまざまな原因により

唾液の分泌量が少なくなりお口の中が乾燥します。

ストレス、加齢、病気、薬による副作用などが主な原因です。

 

下記はドライマウスの自己診断です。いくつ当てはまるか数えてみましょう。

 

 

ドライマウスの自己診断

〇食べ物が飲み込みにくい

〇口呼吸をしている

〇口がよく乾く

○口の中がねばつく

○口臭がする

○入れ歯が合わない etc...

上記のような症状が見られる場合は

ドライマウスの可能性があります。

 

ドライマウスを放置すると・・・

舌がひび割れたり、舌や口の粘膜がヒリヒリ痛んだり、

歯周病、口内炎、虫歯などになりやすくなるなどの症状が現れます。

 

ドライマウスの予防法

○こまめに水分補給をする

冬場は特に空気が乾燥するので、水分摂取を意識しましょう!!

○よく噛んで食べる

噛むという刺激が脳に伝わり、唾液が分泌されます。

キシリトールガムを噛むなども効果的です。

○唾液腺マッサージをする

顎のラインに沿って耳の下や首の近くに唾液腺があるので、

手でグリグリとマッサージをしたり、顎を動かすなどしましょう。

○舌回し運動をする

舌を口の中で大きくぐるぐる回したり、

上下の歯茎の根元を舐めるように動かします。

そうすることで、唾液腺が刺激されて唾液が分泌され、

ドライマウスを防ぐことができます。

 

ドライマウスが治ることで、いつもの食事が

より一層美味しく感じられます。健康状態も良好になります。

いつまでも健康でいるために、潤いのある口腔内を保ちましょう‼