• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

親知らずはなぜ生えてくる?

親知らずはなぜ生えてくる?

親知らずはなぜ生えてくる?

 

親知らずとは大臼歯(大人の奥歯)の中で一番後ろに生えている

8番目の歯で正式名称は智歯(ちし)といいます。

10代後半から20代前半で生えてきます。

「親知らず」という名称の由来は昔の日本人の寿命が今よりも短く、

親知らずが生えてくる20歳前後では、

親はもう他界していたからなどの説があります。

 

親知らずは上下左右に4本生えますが、

親知らずが生えるスペースが足りず歯茎の中で横倒しになって

埋伏していたり、傾いて生えていたり、

中には親知らずが生えてこない人もいます。

 

では、なぜ親知らずが生えてくるのでしょうか。

太古の昔、木の実や生肉など硬いものを食べる習慣が一般的で

硬いものを普段から食べていたため、顎の骨が発達して

親知らずの生えるスペースが十分にありました。

その一方で現代の食生活では、圧倒的に軟らかいものを

食べることが増え顎の力が弱くなり、顎が小さい人が増えて

親知らずが生えてくるスペースがなくなったため

埋伏していたり、傾いて生えてくるようになりました。

 

埋伏していたり傾いている親知らずを放置していると、

歯磨きがしっかりとできず、虫歯や歯周病になりやすくなったり

隣の歯を押して歯並びが悪くなり、

痛みまで出てくるなどのリスクがあります。

 

「このまま親知らずを放置してもいいのかな?」

「埋伏しているかも?」

と気になられた方はぜひ一度気軽に当院にお越しください(*^^*)