• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

上記の写真は、左下奥歯が噛んだ時に痛いと訴えられてご来院いただいた患者様の初診時のレントゲン写真です。左下奥歯には(水色矢印の部分)、歯がない部分を補うブリッジという被せ<冠・人工歯>が装着されていましたが、グラグラと揺れており外れかけている状態でした。ブリッジとは歯がない部位の両サイドの歯を大量に削り、被せにすることで歯のない部分を補う固定式の人工歯です。

麻酔をして慎重にブリッジを外したところ、後ろの歯が深い虫歯になっており神経を抜く治療をせざるを得ない状態でした。

インプラント症例50代女性

上記写真は左下奥歯にインプラント冠<かぶせ物・人工歯>が入ったレントゲン写真です(水色の矢印の部位)。患者様は隣接する歯に負担のかかるブリッジや入れ歯ではなくインプラントによる治療を希望されました。ブリッジは入れ歯と比較すると違和感が少なく自分の歯と同じように噛むことが出来るのがメリットですが、歯ぎしりや食いしばりのある患者様の場合には裏目に出ることも。。。

ブリッジが少しずつ外れていくことにより、ブリッジと歯の隙間から虫歯菌が侵入し、自覚症状が出る頃には大きな虫歯になっている場面に遭遇することは日々の臨床で珍しいことではありません。

今回は大きな虫歯になっていた後方の歯を神経を抜く治療でなんとか抜歯を回避できましたが(赤色矢印の部位)、もっと大きな虫歯になっていた場合は抜歯になっていたことでしょう。

インプラント症例50代女性

左の写真はインプラント手術直前のお口の中の写真です。後ろの銀歯(水色矢印の部位)は神経を抜いた後にかぶせた人工歯ですので、もしインプラントではなくブリッジを選択していたら、今後は歯の根っこが割れてくる可能性が高くなったことでしょう。

なぜならば神経を抜いた歯は、神経を抜いていない歯と比較して強度が圧倒的に落ちてしまうのですから。。。

インプラント症例50代女性

右の写真はインプラントをした左下奥歯(水色矢印の部位)に冠<かぶせ・人工歯>が入ったお口の中の写真です。メタルボンドというセラミック製の冠ですのでプラーク(歯垢)が付きにくく、インプラント周囲炎といった歯周病になりにくいのでお勧めです(^^♪