• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2

小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2

  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2
  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2

みらい歯科クリニックで矯正を始められた当時9歳の女の子の10歳時の歯並びを紹介させていただきます。左上が正面から見た写真で、右上が正面を下から見た写真です。9歳当時、内側に入り込んでいた右上前歯<黄色矢印>が上顎歯列の拡大により前方に出てきています。また初診時に認められた、下顎前歯(赤の波線部分)の叢生『ガタガタの歯並び』がすでに改善されています。

  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2
  • 小児矯正<子供さんの矯正>症例1その2

左上が上顎を下から見た写真で、右上が下顎を上から見た写真です。やはり右上前歯<黄色矢印が>が前に出て、下顎前歯(赤の波線部分)の叢生『ガタガタの歯並び』がすでに改善されています。ただ、まだまだ上顎の拡大が不十分です。と言いますのも、このままでは永久歯である上顎犬歯<紫矢印の歯>が上顎歯列から外にはみ出した、いわゆる“八重歯”になる可能性を払拭できないからです。

しかし下顎の叢生<ガタガタの歯並び>がすでに解消されつつあるのはかなりの朗報です。

なぜなら下顎の叢生を解消するのは上顎の叢生を解消するより、遥かに難易度が高いからです。

次回は11歳時の口腔内写真を紹介させていただきます。

お子様の歯並びで少しでも気になることがございましたら、お気軽にみらい歯科クリニックにご相談ください。

続きをご覧になりたい方は以下をクリック

http://www.miraidc.com/blog/post-67/?pre=20180302212608