• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

突然ですが。。。上記写真をご覧ください。

右下奥歯<黄色矢印の歯>の冠(かぶせ物)が急に外れて来院された、50代女性の方のレントゲン写真です。黄色矢印の歯には、痛みや歯茎の腫れ等の症状は皆無だったのですが、残念ながら抜歯せざるを得ない状況でした。

理由は歯根(歯の根っこ)が完全に割れていたからです・・・・

 

インプラント症例50代女性

上記写真は抜歯した右下小臼歯部にインプラント手術を行う直前の写真です。

どうして冠<かぶせ物>が外れただけで抜歯せざるを得なかったのでしょうか?歯がズキズキする、歯茎が腫れる、噛んだら痛い、変な臭いがするといった自覚症状がなかったにも関わらず。。。

ヒントは上記写真の、左下臼歯部<緑色矢印の歯>および青色矢印の歯茎の膨隆にあります。

  • インプラント症例50代女性
  • インプラント症例50代女性

左上写真は別の患者様の下顎のお口の中の写真です。

青色矢印の部分に注目してみてください。

舌の前の歯茎が大きく張り出しているのが観察できると思います。

これは決して歯茎が腫れているのではなく、歯茎の下にある骨が張り出してきているのです。

上記で問題提起させていただいたヒントの答えの一つなんですが、歯ぎしりの激しい方の典型的な口腔内写真なんです。歯ぎしりや食いしばりの激しい方は下顎や上顎の骨が膨隆してくることがよくあるので、我々歯科医は歯ぎしりや食いしばりの臨床上の指標にしています。

右上写真は症例写真の患者様の歯の状態を左から見た写真です。

緑色の歯に注目してください。歯の中央付近に縦の黒いスジが入っているのを確認できると思います。このスジって一体何なんだと思いますか?

実は歯にヒビが入っているのです。

今のところ左の奥歯(緑矢印の歯)はヒビが入っているだけで治まっているにも関わらず、どうして右奥歯(黄色矢印の歯)は抜歯に至ったのでしょうか?改めて冒頭のレントゲン写真をご覧ください。右の奥歯(黄色矢印の歯)と左の奥歯(緑色矢印の歯)の圧倒的な違いは、

本来天然の歯の中に存在する“いわゆる神経”を取っているか、取っていないかということです。今のところヒビが入っているだけで、違和感のない左の奥歯(緑色矢印の歯)には神経が存在していて<健全歯>、抜歯せざるを得なかった右の奥歯(黄色矢印の歯)には当院に来院される前に神経を取る治療が施されていました。。。

そうなんです! 

歯は神経を取ってしまうと強度がかなり落ちてしまうのです。

ご存じだとは思いますが、虫歯を放置していると、進行して虫歯菌が歯の中にある神経に感染し痛みや腫れといった症状が出てきます。我々歯科医は何も好き好んで神経を取る治療を施しているのではありません!痛みや腫れといった症状改善を図るため、いずれ抜歯に至ったとしても少しでも歯を残すために、仕方なく施している場合が多々あることをご理解いただければ幸いです。

上記患者様は右下の歯(黄色矢印)が割れたのは、以前より自覚していた歯ぎしりや食いしばりが原因であることを理解されていました。その上で、これ以上残りの歯に負担をかける治療方法を希望されなかったのでインプラント治療を選択されました。

ちなみに上記写真の白色矢印の部分に注目してください。歯にヒビが入っている緑色矢印の歯と前方の犬歯との間に隙間が出来ているのがわかると思います。以前はこんな隙間はなかったそうですが、長年の歯ぎしりや食いしばりのせいで、歯が動いて隙間が出来てしまったようです。このようなケースは決して珍しくはなく、むしろと割と頻繁に遭遇します(T_T)

 

  • インプラント症例50代女性
  • インプラント症例50代女性

左上がインプラントの冠(かぶせ物)が入った後の下顎の写真で、右上が術後のレントゲン写真で、両方の写真とも黄色の矢印の部分がインプラントの歯です。セラミック製のかぶせ物ですので、今後の変色もなくプラーク(歯垢)も付着しにくいので歯周病予防の観点からもお勧めです(^^ゞ

抜けたスペースに歯を入れる場合、ブリッジ、入れ歯(義歯)、インプラントの3つの方法があるのですが、それぞれに利点、欠点があります。ブリッジは固定式ですので違和感が少なく、天然歯と同様に噛むことが出来るのですが、欠損したスペースの両サイドの歯を大量に削らなければならず、負担も大きくなります。以前も申し上げましたが歯は削れば削るほど悪くなりますので・・・

上記患者様のように、歯ぎしりや食いしばりが激しくて、健全な歯にもヒビが入ってしまうような方にブリッジで治療した場合、どのような結末が待っているでしょうか?

入れ歯<義歯>の最大の利点はどんなケースにも対応可能なことだと思います。またブリッジよりは歯にかかる負担が少なくなります。欠点はブリッジやインプラントと比較して違和感が大きく、硬いものや食感のある物は食べにくくなります。また保険の入れ歯の場合は入れ歯を支える歯に金属製のバネがかかりますので、審美性が気になる場合もあるでしょう。ではインプラントはどうでしょうか?保険が使えないので高額であり、ちょっとした手術になりますので恐怖心を拭い去ることはできません。またブリッジや入れ歯による治療と比較すると噛めるようになるまでに要する期間はどうしても長くなります。しかし周りの歯に全く負担をかけることなく、自分の歯と同じように噛むことが出来るのは、ブリッジや入れ歯<義歯>には無い最大の利点ではないでしょうか?

またインプラントの場合、噛む力がダイレクトに骨に伝わるので、廃用性萎縮(骨が痩せていくこと)の予防につながります。

『前は入れ歯がピッタリ合っていたのに最近外れやすくなった・・・』

『以前食べれていた物が食べれなくなった・・』

入れ歯を使用されていて、このような発言をされていてる身近な方はいらっしゃいませんか?

当然入れ歯にも耐用年数がありますので、使用されている入れ歯の劣化によって合わなくなっている場合もありますが、

先程申し上げた骨の廃用性萎縮により義歯<入れ歯>が合わなくなっている場合も多々あるのです。

最後に、このブログをご覧になられている皆様全員がご自身にとって最善の治療方法を選択していただきたい故のご提案なんですが。。。

一度、鏡の前でお口の中を観察してみて下さい。

上記写真の如く骨の膨隆はありませんか?ヒビが入っている歯はありませんか?

みらい歯科クリニックにおける治療に関して相談事がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね(*^^)v