• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

インプラント症例50代女性

上記写真をご覧ください。

これは上顎用に保険外で作製された入れ歯を下から見上げた写真です。インプラント症例って書いてあるのに、何故に入れ歯の写真?って思われた方がいらっしゃるかもしれませんね。。

実はこの入れ歯はインプラント治療を伴った特殊な入れ歯なんです。

なお写真掲載については、ご本人様に同意していただいております。

インプラント症例50代女性

上記は冒頭の写真の入れ歯の裏側(義歯粘膜面)を撮影した写真です。

通常の入れ歯では無いはずの黒いボタンが4つ<青色矢印の部分>ありますよね。

なお、この黒色の樹脂製のキャップは一時的に用いるキャップですので、患者様が入れ歯の着脱に慣れてこられたら、もっと維持力の強い青色のキャップに交換予定です。

このボタン(樹脂製のキャップ)がある入れ歯が、今回紹介させていただく、インプラントオーバーデンチャーという特殊な入れ歯です。

  • インプラント症例50代女性
  • インプラント症例50代女性

左上が入れ歯<インプラントオーバーデンチャー>を外した上顎を下から見上げた写真です。また右上がレントゲン写真です。

4つの青色矢印の部分に注目してください。ゴールド色のボタンが4つ<ロケーターアタッチメント>確認できると思います

このロケーターアタッチメントがインプラント(人工歯根)に装着されているために入れ歯の強力な固定源になるのです。

つまりゴールド色の4つのボタン(ロケーターアタッチメント)が、義歯内面の4つの黒いキャップと結合するので、入れ歯(義歯)の安定感が大幅アップするというわけなんです。

この患者様のように下顎の奥歯が片側(この患者様の場合は右側)に偏っている場合、奥歯のある側で噛む(咀嚼)ことがメインになるので、上顎が普通の総入れ歯(総義歯)だと、どうしても食事の時に外れやすくなりますので、インプラントオーバーデンチャーの方が有利になります。

またインプラントオーバーデンチャーは、普通の入れ歯のようにご自身で取り外しが可能ですので、入れ歯を清潔に保てますし、入れ歯を外した後は4本のボタン(ロケーターアタッチメント)の周りをしっかりブラッシングしていただければ、口腔内環境を良好に保つことが比較的容易です。

ただ極端に硬い物や歯ごたえのある食事を好まれる方や、嘔吐反射(えずく)が激しくて義歯を入れることが出来ない方にはおすすめ出来ません。また樹脂製のキャップは6か月に1回の間隔で交換が必要ですので、1500円(税抜)/本の維持費が必要になります。

従来通り、固定式のインプラントブリッジによる治療の場合は無歯顎(全く歯が無い場合)だと6本~10本のインプラントが必要になりますので治療費がかなりの高額になるのですが、

インプラントオーバーデンチャーの場合は下顎で2本、上顎で4本のインプラントで大丈夫ですので治療費が半額以下になるのでオススメです♬

みらい歯科クリニックにおける治療に関して相談事がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね(*^^)v