• Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療・根管治療
    • 審美歯科・ホワイトニング
    • 歯周病治療・予防歯科
    • 入れ歯・インプラント
    • 小児歯科・小児矯正
    • 親知らず
    • 成人矯正治療
    • 無痛治療
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 料金表

インプラント症例 30代男性 術前

インプラント症例 30代男性 術前

インプラント症例 30代男性 術前

ある時、一人の男性患者様が来院されました。

『痛みはないが悪い所が沢山あるから、とにかく歯を入れて欲しい』というのが主訴でした。

あらためて冒頭の写真をご覧ください。ピントがズレているので見にくいとは思いますが、上顎を下から見上げた口腔内の状態です。なお写真掲載に関しましては、患者様に同意いただいております。

前歯には歯冠継続歯(冠、俗にいう差し歯)が装着されていますが、虫歯がかなり進行した歯が多数存在し、中には抜歯やむなしの残根状態(根っこだけの状態、C4)の歯が複数見られました。

インプラント症例 30代男性 術前

上記は下顎を上から見た口腔内写真です。上顎同様に残根状態(歯が根っこだけの状態、C4)の部位(黄色矢印の部位)が複数歯あるのがお分かりいただけると思います。

  • インプラント症例 30代男性 術前

上記写真は奥歯で噛んだ状態を正面から見たお口の中の状態です。

上顎にある前歯が下顎にある前歯よりも内側に入り込んでいて(青色矢印の部位)、いわゆる❝受け口❞状態となっており、歯科専門用語でいう反対咬合の状態でした。咬合(噛み合わせ)が崩壊していますので、患者様本来の噛み合わせが反対咬合なのか、咬合崩壊したために後天的に(仕方なく)反対咬合になってしまったのかをしっかり見極めて治療を進めていかねばならないので、非常に難易度の高いケースと言えるでしょう。

 

  • インプラント症例 30代男性 術前
  • インプラント症例 30代男性 術前

左上の写真は噛んだ時の右奥歯の状態です。黄色矢印の部位に注目してください。下顎の右下の残根(根っこだけの状態)と上顎の奥歯が噛んでいるのがお分かりいただけますでしょうか。

右上の写真は噛んだ時の左奥歯の状態です。やはり黄色矢印の部位をご覧ください。右奥とは逆に左上奥の残根と左下奥歯が噛んでいる状態です。

左右ともに言えることですが、このままの状態では歯を入れることは絶対に不可能です。

インプラント症例 30代男性 術前

 


左は初診時のお口全体のレントゲン写真です(パノラマ)

冒頭からの写真同様、黄色矢印の歯に注目していただければ一目瞭然ですが、決して軽症とは言えない虫歯(カリエス)が乱立しているのが分かっていただけると思います。

患者様には条件が悪くて保存することが出来ない歯は抜歯するしかないのですが、出来るだけ多くの歯を残すようがんばります。ただ治療期間はかなりの期間を要しますとお伝えしたところ、快諾いただきましたので治療を開始いたしました。


抜歯する歯を増やして大きな入れ歯(義歯)を入れる方が治療期間を大幅に短縮出来るのでしょうが、確実に時代の流れに逆行することになります。

 

たとえ治療期間が長期に渡ったとしても、ご自身の歯を出来るだけ残す事が患者様にとってメリットが最大になりますので、徹底的に保存【歯を残す】にこだわりました。

まさに歯科医師としての腕の見せ所といったところでしょうか。
​紙面の関係上、治療終了後の写真および解説は次回の投稿にさせていただきますが、

患者様は大変満足されております(^O^)

治療終了後の写真および解説をご覧になりたい方は以下をクリックしてください。

https://www.miraidc.com/blog/post-109/